理屈家は避けられる

22歳ぐらいのときですが、自分で仕事をしている友人が
メチャクチャカッコよく思えた時期があります


実際、カッコよかったですね。朝から晩まで働き、家に戻れずに
車の中で寝るときもあるぐらい忙しく、当時はまだ通話料も
バカ高だった携帯電話がジャンジャンとなる


一緒にメシを食べにいくと、高級な焼肉でも平気で奢って
くれたりする。合コンをやるとメチャクチャ綺麗な女性が
沢山集まってくる


その姿に非常に憧れました!シビれました!
どうしたら彼のようになれるのかと聞いたら、沢山の
ビジネス本を読んでいると言います


ちょっと借りてみました。色々な自己啓発の本です
7つの習慣とかですね。これが意外とハマる(苦笑)


なんか自分でも事業を起こせそうな気がしています
素晴らしい話が書いてあったりすると、アルバイトの仲間に
当時の彼女に喋りまくりました


すると、ビックリするぐらいみんなが僕のことを避ける
ようになります。精神論を語れば語るほど宗教をやっていると
思われていたんですね


理屈家


実際、宗教はやっていませんが、あんときだけはある意味
自己啓発教だったかもしれません。彼女にも話がツマらないと
フラれましたしね


はっきり言っておきますが、ビジネスに興味の無い人にとって
ビジネスの話を聞かされるのは苦痛の局地ですよ。資格の話、
なんたら免許の話などもそうですね


特に女性は嫌いです。気をつけましょうね
アルバイトの中では楽しい話をするのが良いでしょう
ビジネスの話が好きな人とだけ話せば良いのです^^;

当社の管理サイト