出来ないことは出来ないと言う

これは自分の失敗談なのですが、ゲームセンターで
アルバイトをしていたときの話です


ゲームセンターでゲーム機が壊れることは日常茶飯事で
修理も覚えていかなきゃいけませんでした


ほとんどはボタンが壊れた、メダルがつまったといった
些細なトラブルなのですが、たまに大きな故障もあります
全くわからないことなどもありますね


そんなある日、もっとも人気のあった競馬のメダルゲームが
故障したことがありました。まだ新入りのアルバイトが
焦って報告してきます


「競馬のヤツがおかしいんスけど直してください」


僕に言えば、カンタンに直ると思っていたんでしょうね
実際、どれぐらいの故障かも見ていないうちに・・・


「ああ、アレね、カンタンやから直しておくよ」


こう言ってしまったのが運のツキです。実はその競馬ゲームは
前から調子が悪かったのですが、故障するところが、ほぼ
決まっていたんですね。だから修理もカンタンでした


今回もそれだろうと思い込んでいると、まったく違います
全然、動かないようになりました。


「うわ〜、直すって言ってしまったしな・・・」

修理中


一度、直すと言ってしまったので、ムキになって直して
いたのですが、その日は土曜日、客は多いし、新入りの
アルバイトと二人だからメチャクチャ忙しい!
そういうときに限って、店長は会議で居ない!


結局、自分のミエのために、新入りのアルバイトのN君に
大変な迷惑をかけてしまいました。すぐに店長に電話して
呼びにいかなかったので、後で怒られましたね


出来ないことを認めるのも必要です

当社の管理サイト